Vittel

about Vittel

「ヴィッテル」はカルシウム、マグネシウムといったミネラルを含む硬度約315のナチュラルミネラルウォーター。くせのない味わいで世界中で愛飲されています。

POSITIVE×ACTIVEなライフスタイルの主役! 「ヴィッテル」のイメージカラーは、活力の“赤”

ヴィヴィッドな赤いキャップに赤いロゴマークが目印のヴィッテル。ヴィッテルのイメージカラー“赤”は、心身にみなぎるバイタリティの象徴です。 常に前向きで活力溢れる毎日を過ごしたい ―― そんなライフスタイルを楽しむ人々にエールを送ります。ヴィッテルは、水分補給だけでなく、カルシウムやマグネシウムなどミネラルも同時に補給できるナチュラルミネラルウォーター。ヘルシー&アクティブな毎日をサポートします。

~くせのない味わいの硬水ナチュラルミネラルウォーター~ 世界中の人々に愛される“おいしい水

硬度の算出方法 1リットル中に含まれるカルシウム量(mg)×2.5+1リットル中に含まれるマグネシウム量(mg)×4 ※マグネシウム量(mg)×4.1とする考え方もあります。

フランス東部、ヴォージュ山脈の麓の水源保護地域から生み出されるヴィッテルは、硬度約315の「硬水」です。カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが含まれているうえに、硬水の中でも飲み味に際立ったくせがないため、世界中の人々に愛されています。水分補給はもちろん、カルシウムなども摂取できるため、スポーツシーンでも人気のナチュラルミネラルウォーターです。

※硬度について
硬度とは、水の中にカルシウムやマグネシウムなどの成分が溶け込んでいる割合を数字で表したもので、ミネラルウォーターの特性を見極める大切な基準になります。
一般に、硬度100以下は「軟水」、100-300は「中硬水」、300以上は「硬水」と分類されています。

pagetop

fromFrance

ヴィッテルの故郷

ヴィッテルの故郷はフランスの北東部ロレーヌ地方に広がるヴォージュ山脈の麓にある小さな村。 清浄な空気と緑に抱かれた地が訪れる人を優しく迎えます。

ヴィッテル村の様子

  • 水源地周辺の美しい自然
  • ヴィッテル村の入り口
  • ヴィッテル駅
  • ヴィッテル村の町並
  • ヴィッテル村周辺
  • グランド・ホテル
  • ヴィッテル・スパに続く回廊
  • ヴィッテル・スパ
  • ヴィッテル・テルムパーク
  • ヴィッテル・テルムパーク(2)

※サムネイル画像をクリックすると、新しいウインドウが開き画像が表示されます。

pagetop

History

世界中で愛飲されている水ヴィッテルの原点 世紀を超え、人々を魅了したヴィッテルの不思議な泉

ヴィッテルが生まれたのは、ヴォージュ山脈の裾野に佇む小さな村。風光明媚なロレーヌ地帯の丘陵に位置するこの村に湧く泉は、古来より不思議な泉と言い伝えられてきました。紀元1世紀にローマ皇帝ヴィテリウス(Vitellius)が訪れ、泉の水を浴びたことから、「Vittel(ヴィッテル)」という地名が生まれたといわれています。泉は“ジェレモア(Geremoy)の泉”と称えられ、ヨーロッパ中から湯治客が訪れました。そのひとり、弁護士のルイ・ブルミエは1854年に泉の権利を受けて「ヴィッテル・スパ」を開設。彼の没後は遺志を継いだ一族が1882年に瓶詰めにしたヴィッテルの商品化に成功。1903年にはフランス厚生省に認可され、今では欧州だけでなく世界中でヴィッテルの水が愛飲されています。

フランス有数の一大スパ・リゾート誕生秘話 ヨーロッパ屈指のラグジュアリーなスパリゾートに

19世紀末、ヴィッテル村に最初のホテルが建てられると、水を使った健康法がヨーロッパ中に伝播。保養施設の常連だった名建築家シャルル・ガルニエは、ヴィッテル村を画期的なスパリゾートにすべく、多彩な建築プランを提案しました。パリ・オペラ座の設計でその名を馳せるガルニエならではの手腕で、1884年には自ら設計を手がけたカジノを竣工。鉱泉治療の先駆フランスを代表する本格的なスパ施設をはじめ、エレガントなロココ様式の劇場やホテルなどを包括するランドマークのグランドギャラリーが落成し、フランス有数の一大スパ・リゾートが誕生したのです。

pagetop

Quality

未来を見すえた水源保護 環境を守る=水の安全を守る

ヴィッテルはその優れた水の品質と安全を守るため、水源の徹底した環境保護に努めています。緻密な地質調査に基づき、水源の周辺約5000ヘクタールの広大な土地を水源保護地域に指定し、そこに許可なく建物を建てたり、地下工事を行うこと、農薬・化学肥料を使うことを厳しく制限しています。
生活廃水も全て施設で浄化してから還元するシステムを採用しています。

水質保護活動の中核 アグリヴェール

ヴィッテルの水源保護活動の中核を担うのは、1992年に設立された「Agrivair(アグリヴェール)」。除草剤・殺虫剤といった化学薬品の使用を制限した農法の指導や、地質への影響を考慮した家畜数の制限をはじめ、万が一、事故で流出したガソリンが土壌を汚染する危険を回避するためアスファルト道路の下に特殊シートを敷くなど、水源地域の環境を脅かすリスクには徹底対応。専門家と農家が対話を繰り返し、人と自然のたゆまぬ共生を実現しています。

pagetop

for Sports

アスリートも愛飲するヴィッテル 世界のスポーツシーンで活躍

ヴィッテルは「ロンドンマラソン」など、世界のスポーツシーンでも愛飲されています。また2008年からは世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」のオフィシャルドリンクに。更に多くのアスリートの活躍に貢献していきます。他にもスポーツクラブとのタイアップや、スポーツイベントへのサンプリングといった幅広い活動を通じ、スポーツを愛する方々のヘルシー&アクティブなライフスタイルを応援。運動中にヴィッテルを飲むことで、水分補給の大切さをぜひ体感してみてください。

ツール・ド・フランスの様子

「ツール・ド・フランス」での様子

  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子
  • ツール・ド・フランスの様子

※サムネイル画像をクリックすると、新しいウインドウが開き画像が表示されます。

pagetop